【MMM】スリーエムより四半期配当-14.70ドル受取

アマゾンで偽医療用マスク販売の業者を提訴するスリーエムより四半期配当14.70ドルを獲得

米ウォールストリート・ジャーナルや米ザ・バージによると、米アマゾン・ドット・コムのEC(電子商取引)サイトで出品業者が医療用マスクと称し、通常価格の18倍で販売したとして、メーカーの米スリーエム(3M)がカリフォルニア州の裁判所に提訴した。

いまだ横行する偽造品と便乗値上げ

3Mによると、飛沫などの微粒子を95%遮るというN95規格のマスクは、米疾病対策センター(CDC)が医療現場の感染症対策に有効だとして、着用を推奨している。

同規格マスクの大手メーカーである3Mでは、一般小売価格を約1.25ドル(約135円)として出荷している。

ところが、このアマゾンの出品業者は、3M製品と称して1個平均23.21ドル(約2500円)で販売。これまでに35万ドル(約3800万円)を売り上げたという。

この業者はアマゾンで複数のアカウントを使い分け、3Mの商標をつけたマスクを販売していた。しかし、ザ・バージによると、製品には欠陥と見られるものが混ざっており、購入者は偽物と疑っていたという。

アマゾンのカスタマートラスト部門担当バイスプレジデントのダーメッシュ・メータ氏は、「3Mと協力し偽造品や価格つり上げの排除に取り組んでいる」と述べたという。

3Mはこうした訴訟について、低品質製品のまん延を食い止め、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた価格つり上げを阻止し、自社のブランドを守るための戦略と説明している。同社はこの数カ月間、十数のマスク販売業者を相手取り訴訟を提起したという。

ソーシャルメディアの詐欺行為4000件削除

また、3Mはアマゾンなどのテクノロジー企業と協力し、これまで約3000件に上る偽造品と疑われるマスクの出品をオンラインマーケットプレイスから削除した。ソーシャルメディアでは約4000件のマスク関連の詐欺行為と思われる投稿を削除したという。

一部のマスク販売業者は「3M」の文字や関連会社を連想させる文字を入れたドメイン名を使用している。こうしたドメイン名もテクノロジー企業と連携し、これまでに100件以上を削除したと、3Mは述べている。

米議員や米司法当局も問題視

新型コロナウイルスに乗じて偽造品を販売したり、価格をつり上げたりする行為は、感染症の拡大が始まった当初から指摘されていた。

英フィナンシャル・タイムズは、米国で通常価格が14.99ドル(約1600円)の3Mの20個入りマスクが387ドル(約4万1500円)と、約26倍で販売されていると報じた。

また、米ゴージョー(GOJO)の「ピュレル」ブランドのハンドサニタイザー(手指用消毒ジェル)は24個入りが10ドル(約1100円)以下だったが、400ドル(約4万3000円)と40倍以上に跳ね上がったとも伝えられた。

こうした状況を米民主党のエドワード・マーキー上院議員が問題視。アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)に書簡を送り、同社を厳しく批判するとともに、より強力な対策を講じるよう要請した。

アマゾンは3月6日までに上院議員の質問に回答し、規約違反の商品53万点を削除したことを明らかにしている。今回のウォールストリート・ジャーナルの記事によると、同社は6000以上の出品者アカウントを一時停止したという。

また、米ニュース専門局のCNBCは、ペンシルベニア州など全米33の州・地域の司法長官がアマゾンや米フェイスブック、米イーベイなどのオンラインマーケットプレイス運営企業に対し、対症療法ではなく、先を見越した対策をとるよう強く求めたとも伝えている。

品薄でアマゾン転売によりマスクなど高値販売が問題視されるスリーエムから四半期配当10株分14.7ドルの四半期配当を受け取りました。

【MMM】スリーエムからの配当金

スリーエムより1株あたり1.47ドルの四半期配当金となっているので、1.47×10=14.70ドルが実際の配当金となります。

2020年3月【MMM】配当との比較

前回四半期配当から買い増し実施していないため配当の差異はありません。

新型肺炎でマスクを最大限増産発表のスリーエムより四半期配当14.70ドルを獲得 米工業用品・事務用品のスリーエムは20日、新型コロナウイル...

【MMM】3M Companyの主要指標(2020年6月16日)

株価 159.67ドル

PER 20.26倍

年間配当 5.76ドル

配当利回り 3.86%

年率EPS 8.04ドル

Payout Ratio 73.15%

増配年 62年連続(Since 1958)

【MMM】スリーエムの日足チャート(1Year)

【MMM】スリーエムの週足チャート(5Year)

下落トレンドが続いているが、連続増配銘柄であるスリーエムの配当をしっかりもらっていこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする